こんなにあった?!壁面緑化の持つ魅力とは

なんといっても癒し効果がすごい

昨今注目を集め、街中でもよく見かけるようになった壁面緑化。その魅力は、決してその見た目やインパクトだけではありません。植物は人々を癒してくれるリラックス効果を持っています。壁面緑化を行うことで、たくさんの植物が壁面を覆うことになるので、自然と目に入ってくる機会も増えていきます。植物のグリーンは目にも優しく、また湿度調整効果も期待できたりと、他にもたくさんの良い影響を与えてくれます。

温度上昇を抑えてくれる

特に都会で問題となっているヒートアイランド現象を防ぐためにも、壁面緑化は一役買ってくれます。人工的につくられた建物や、舗装された道路などでできあがっている街中では、熱がこもりやすくなり、また輻射熱などにより気温がどんどん上がっていってしまいます。壁面緑化を行い、その建物の壁を植物で覆うことで遮熱効果が得られ、温度上昇を抑えることができるようになります。

省エネにつながってくれる

壁面緑化は、ヒートアイランド現象を抑えるだけでなく、建物内部にも良い効果をもたらしてくれます。建物の壁面が熱くなってしまうと、自然と建物内部も熱くなってしまいます。そして、それは暑い夏の時期に、エアコンを長期に渡ってフル稼働してしまうことへも繋がってしまいます。反対に、建物壁面の温度を下げることができれば、室内の気温を下げることができるということになります。エアコンを稼働させる期間を減らすことができたり、パワーを弱めたりすることができるため、省エネにつながってくれます。

壁面緑化とは、ビルや高層住宅などの壁面に植物を植えて美しい景観を創り出すことです。美しい景観だけでなくヒートアイランド抑制効果や地球温暖化防止にも繋がります。