時計を買い替えたい人必見!どのようなタイミングがあるの

引越しや住宅リフォーム時など

時計(掛け時計、目覚まし時計など)を買い替えるタイミングとして、引越しや住宅リフォーム時などが挙げられます。新生活を始めるときは、身のまわりの品を買い替える大きなチャンスです。これまで使ってきたものを継続して使うことももちろん大切です。しかし、時計を新しくすることで、気分一新にも役立つかもしれません。壁紙や床の色など、部屋の雰囲気に合わせて時計を選べる楽しみもあります。もちろん、機能面を重視するのはいうまでもないでしょう。床に落としたときに壊れにくいなど、耐久性を考えたうえで時計を購入するとよいですね。

時計が古くなったときや壊れたとき

長年使っているうちに時計が古くなってきます。時計は日に何度も目を向けるものだけに、ずっと使っていると愛着がわいてきます。また「勿体ない精神」を貫くことも大事ですよね。しかし、電池を交換しても動きが悪いなど、なんらかの不具合がでてきたときは、時計の買い換え時期かもしれません。なお、電池交換時にプラスマイナスを逆にしても動くケースがあるといわれています。しかし、プラスマイナスを間違えると液漏れや破裂の原因にもなるため、電池交換はくれぐれも慎重にすることが大切です。

身近な人からもらう可能性も

進学や就職、結婚などのために新居を構えるときは、身内からお祝いの品をもらう可能性があります。時計もそのひとつですよね。時計はいくつあっても便利ですが、置き場所が限られる場合は時計が余るかもしれません。このような理由から、時計を買い急がないことも大切です。もし、時計をもらえなかったときは、いつでも購入できるのですから。

IWCは1868年に設立されたスイスの時計メーカーです。製造した時計はどの時代のものでも、修理やメンテナンスを受け付けています。