良いペットショップを選ぶ上での重要なポイントとは?

仕入れ元がはっきりわかる

販売されている動物をどこから仕入れたのかがはっきりとわかるペットショップを選びましょう。通常、ブリーダーから仕入れた場合には、ブリーダーの代表名や生誕地が表記してあります。もし情報が表記されておらず、またどこから仕入れたのかを聞いても答えられないときには、注意が必要です。連携ができていないか、あるいは答えたくない理由があるのかもしれないので、そのようなペットショップ は避けた方が良いでしょう。

衛生的な環境で飼育されている

衛生的な環境で飼育されているかどうかで、良いペットショップなのかを判断できます。そのためにはお店に入ったときの臭いや、ケースの中を確認しましょう。良いペットショップであれば排泄物はこまめに処理されているので、不快な臭いが店内に充満しておらず、またケースの中は常に清潔に保たれています。もし、あまりにも店内がクサいと感じたり、ケースの中に排泄物が散らかっているような場合には、衛生的な環境で飼育されていません。それはペットの健康に繋がることなので、そのようなペットショップでは購入しないことをおすすめします。

生体保証制度が付いている

良いペットショップは生体保証制度が付いています。生体保証制度とは、ペットを購入後に一定の期間内において先天性疾患を発症したり、死亡してしまったりした場合に対応してくれる制度のことです。もし気に入った子猫や子犬を購入したい時には、まず、生体保証制度が付いているかをしっかりと確認した上で購入しましょう。

ペットショップなら東京都で探しましょう。数多くのペットショップが存在していますので、選択肢が豊富です。最寄り駅の近くにあるペットショップなら、とても便利です。