犬を選ぶならペットショップ?それともブリーダー?

色々な犬種から選びたいとき

最近は猫ブームの影響からかペットとして飼われる動物は猫が犬を上回っているようです。マンションなどで飼いやすいのが要因でしょうが、犬も室内で飼いやすい種類が増えてきているので犬好きであれば犬を飼いたいでしょう。犬は好きだけど具体的にどんな犬種を選んだらいいのかわからないのであれば、購入するのはペットショップが良いでしょう。犬や猫の他いろいろな動物を扱っているお店が多く、犬もいろいろな種類を扱っています。実際に見て抱っこをしたりしながら相性を確かめられるので、気になる犬とコミュニケーションを取って気に入った犬を購入すればいいでしょう。初めてペットを飼う人にはしつけなどの飼い方も教えてもらえますし、飼い始めてからの相談にも乗ってもらいやすいです。

犬種が決まっているとき

これまで特定の犬種の犬を飼っていた人、犬を飼うなら絶対この犬種がいいと考えている人なら新たに飼いたい犬の犬種を決めているかもしれません。犬種が決まっているときに利用するといいのがブリーダーです。ブリーダーは犬を生産している会社や個人になり、ペットショップに卸しているところもあれば直接販売をしてくれるところもあります。ペットショップのようにすぐに買えるところにあるとは限らず、実際に行けるところにあって犬舎見学などができるところを探すといいでしょう。ブリーダーのいいところは特定の犬種を専門的に育てているところで、親犬から選べるところもあります。病気のなりやすさなどは親から遺伝したりもするので、健康的な犬を育てたいなら親犬も見せてくれるところがいいでしょう。

ペットショップなら東京に出店してるショップをまず探す方法があります。全国展開しているペットショップも多く、結果的に地方の系列店が見つかりやすく、転勤などで転居してもアフターフォローも万全です。