機械式腕時計にて自分でメンテナンスできるところとできないところ

自分でメンテナンスできるところ

機械式時計はクォーツ腕時計と比べて繊細であるため、定期的にメンテナンスが必要ですが、場所によっては自分でメンテナンスできるところがあります。
その1つがケース本体。砂埃や手垢がつくことが多いので、メガネ拭き用の布やセーム革を使って汚れを拭き取るようにしましょう。そのときにやってはいけないのが水洗いです。汚れを効率よく取り除くことはできますが、ケースの隙間から機械部分へ水が入り込むことによって故障してしまう恐れがあります。
風防も自分でメンテナンスが可能です。ケース本体と同じようにメガネ拭きなどで汚れを取り除くだけでよいのですが、傷が目立ってしまうかもしれません。そんなときにおすすめなのが防風研磨剤。風防自体を少し削ることによって傷が目立たなくなります。防風研磨剤がない場合は、研磨剤が入っている歯磨き粉などでも代用できます。

自分でメンテナンスできないところ

機械式時計も場所によって自分でメンテナンスしてはいけないところがあり、それが機械部分であるムーブメントです。
小さなゼンマイや歯車、ネジなど複雑に並んでいるため素人が手を出すと部品が壊れたり紛失したりする恐れがあるので手を出さないようにしてください。ムーブメントをメンテナンスする場合はお金がかかりますが、近くの時計店や機械式時計店にお願いするようにしましょう。
メンテナンスするタイミングに関しては、毎日使用している場合は3年に1度、週に1回ぐらいならば5年に1度が目安となります。またゼンマイの反応が鈍かったり重かったりなど、何かしらの違和感を感じたらその都度メンテナンスに出すようにしてください。

ウブロは、船の側面にある舷窓を模した腕時計で知られるブランドで、サッカーやモータースポーツの世界的大会の公式スポンサーを務めます。